レシピのドイツ語

レシピのドイツ語~お魚(Fisch)編

ドイツでは北を中心に魚料理を楽しむことができます(ドイツのスーパーの魚は日本人の感覚からするとちょっと鮮度が劣るものが多いような気がしますが、生食しないのが基本なので、仕方ないのかなと思います^^;)。
北ドイツふうの料理では魚を使うものが多いです。
また、川魚であれば年間通して、北ドイツ以外でも手に入ります。
冷凍ものも多いので解凍して使うことが多いですね~。

  • Butt(m)・・・ヒラメ
  • Dorsch(m)・・・タラ
  • Forelle(f)・・・マス
  • Garnele(f)・・・コエビ
  • Hering(m)・・・ニシン
  • Hummer(m)・・・ロブスター、オマールエビ
  • Jakobsmuschel(f)・・・ホタテ
  • Kabeljau(m)・・・マダラ
  • Kammuschel(f)・・・イタヤガイ
  • Krabbe(f)・・・カニ
  • Krake(m)・・・タコ
  • Lachs(m)・・・サケ
  • Languste(f)・・・イセエビ
  • Makrele(f)・・・サバ/アジ
  • Meerbrasse(f)・・・スズキ/タイ
  • Miesmuschel(f)・・・ムール貝
  • Sardine(f)・・・イワシ
  • Schellfisch(m)・・・タラ
  • Scholle(f)・・・カレイ
  • Thunfisch(m)・・・ツナ
  • Titenfisch(m)・・・イカ

<マス(Forelle)>
ドイツではよく見るお魚で、レストランでもスーパーでも見かけます。
かの有名なシューベルトの「ます」があるように、ドイツやオーストリアなど中央ヨーロッパの河川によく生息しているお魚です。
ホイル焼きが典型的な調理法です☆

Donaufisch!
ドイツの魚料理のレストラン。日本とはちょっと感性が違う!

関連記事: