ドイツ料理にかかせないスパイス

キャラウェイ(キャラウェイシード)

キャラウェイ

ドイツ料理に欠かせないスパイスで、日本ではそれほどメジャーではないものの一つが、
キャラウェイ(キャラウェイシード)です。ドイツ語ではKümmelと呼びます。

せり科の2年草で、シード=種子と呼んでいますが、実は果実のことです。

キャラウェイは西アジア~地中海が原産で、ヨーロッパには古くから広まりました。
ドイツ料理ではあらゆるところで登場する、重要なスパイスです。

キャラウェイは甘さのなかにほんのりと酸味があり、ドイツ料理ではお酢味のものやサラダによく組み合わせられます。特にりんごとの組み合わせはベストマッチで、焼きリンゴはじめ様々なりんご料理に組み合わせられます。

たとえばドイツ料理では、こんなときに使われます:

  • ザワークラウトの中に入れる
  • ゆでじゃがいもをゆでるときに入れる
  • りんご料理に合わせる
  • コールスローなどキャベツ料理に入れる
  • ライ麦パンに入れる

キャラウェイには次のような作用・効果があります:

  • 消化を促進する
  • 腹部膨満を防止する
  • 軽い鎮静作用がある

使う時のコツは、一度に入れすぎないで味を見ながら入れていくことです!
最初にトライするときは少なめに。徐々に入れる量を増やしていくとベストな量が変わります。

IMG_1282

関連記事: